破壊

キャラクター戦闘に敗北した場合や、カードを破壊する効果が使われた時に用いられます。
破壊されたカード墓地へ送られます。


  • 無効とはまったく別の物である
    発動したカード効果に対して破壊をしても効果が無効化される事はない。
  • 墓地へ送る」と言った処理も破壊とは扱わない。
  • 戦闘によっての破壊の場合、戦闘破壊として扱われるが、指定のない限り破壊と同じものとして扱う。
  • 戦闘破壊と破壊と書かれている効果に対してのみ使う用語であり、墓地へ送る効果は破壊と扱われない。

破壊が確定するタイミング

どんなカードにも、戦闘効果によって破壊する事が確定した時、それに対して効果発動できるタイミングがある。
このタイミングでは破壊はどんな事が起きても絶対に破壊する事実を変えられないが、その前に発動しておきたい効果があれば、自由に発動をしチェインを作る事ができる。
破壊を「される」時に発動できる《太陽をその手に掴め!!》や、破壊される事が確定した瞬間にチェインをする事でアイテムを2倍にして使う事ができる《星に願いを》などがこのタイミングを有効に使う事ができる例となる。

関連リンク






トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-09-15 (月) 00:53:47